リノベーションのお役立ち日誌

RENOVATION DIARY

#093

東大阪新築戸建て③<基礎編>

東大阪新築戸建て③<基礎編>

こんにちは。
前回の東大阪新築戸建て②に引き続きアップしていきたいと思います。

前回は基礎の配筋(鉄筋組み)までをお伝えしました。
今回は、配筋検査も無事に完了しましたので、いよいよ基礎の
コンクリート打ちからです。

コンクリート打設・養生・型枠解体


コンクリートを決めた場所に打設するために、鉄製の型枠を組みます。
その型枠の間に強度を出すために、決められた配合(水セメント比)で
コンクリートを流し、養生期間を経たら、型枠を解体します。




基礎の上に出ているのは、アンカーボルトと言いまして、
基礎コンクリートと木材を固定するものです。
後から、施工するより先に埋めておくのが一般的です。

今回はここまでです。今回で基礎編は終了です。
 

この記事が気になったらいいね!

≪ 一覧に戻る
カタログセット無料プレゼント!もっと施工事例を見たい方はこちら